ビットコインの購入や運用にまつわるいろはをまとめました。

ビットコインの購入や運用のいろは

ビットコインを購入してみたら?

世界中で使えるビットコイン

投稿日:

最近話題の仮想通貨といえばビットコインでしょう。

仮想通貨といえどもお金ですから、お金には単位が必要です。

ビットコインの「ビット」とは通貨単位です。

1円や1ドルのように1ビットというように言います。

けれども、仮想ですから1円玉や1ドル札のようにその現物は存在しません。

一般に仮想通貨というと、ゲームなどのやり取りの中で使われるポイントに変換されるものが挙げられます。

ビットコインもそのようにそれが使用できるところでのみ利用することができます。

ただ、ビットコインは他の仮想通貨に対して、扱われるようになった理由が少し違います。

通常は、企業やゲームサイトが管理しているものほとんどですが、ビットコインは国単位でのややり取りの中で使われることが有効で、国家間での経済をスムーズに進めるために作られたものなのです。

つまり、あるゲームをしている人や、ある特定のサイトを利用している人だけでなく、世界中のあらゆる人が、ものの売買に使うことができるものになります。

もちろん仮想通貨ですから目には見えません。

コインや紙幣は一切ありません。

使い方はスマートフォンやパソコンを媒介にしてお金を払って使うということになります。

世界中で利用できるという点では、特に円のように特定の国家でしか使えない通貨を使用している国の人にとっては使い勝手がよく、両替などせずとも世界中でやり取りができるという利点があります。

スマホを利用するとなると電子マネーとの混同がありますが、これは全く仕組みが違うものです。

電子マネーは、あるものにお金をチャージしておいて初めて使えるもので、お金をビットコインに両替して使うものです。このように、円のやりとりである電子マネーと、ビットコインという別の通貨でやりとりする仮想通貨とは違うものになります。

このビットコインを使うと便利な点が3つあります。

まず一つは手数料がかからないか、かかってもわずかであるという点です。

手持ちの通貨がビットコインという通貨に変わるだけなので、そのお金を預けるなどの仲介業者がいません。

ですから、銀行振り込みやカード支払いをするときなどに結構高額に発生することもある手数料がかからないのです。

二つ目は、今の事からもわかるように、相手に直接支払うことができる点です。お財布からお金を支払うように直接相手にお金を渡すことができるのでやりとりがとてもスムーズになります。

三つ目は、制限なく使えるという点です。

銀行決済もありませんし、両替もありませんから、やり取りがとても自由なのです。

そして、制限なく使うことができます。

銀行のATMではこの金額までしか振り込めないとかがありますが、ビットコインではそのような面倒はありません。

ビットコイン専用のウォレットといわれる財布さえ持っていれば、だれでも使うことができるのです。

-ビットコインを購入してみたら?

Copyright© ビットコインの購入や運用のいろは , 2018 All Rights Reserved.